機材の最近のブログ記事

世田谷スタジオ、キュービクル工事完了

11月3日に、やっとキュービクル工事が完了しました。

今までスタジオ内電圧が低く、ご迷惑をおかけした事もあり、今回電圧を上げるためキュービクル工事を行う事になりました。

失敗するとキュービクルが使い物にならなくなるというリスクを背負いながらの工事。周りは緊張モノ。
やってみたらあっさり終了。
スタジオ電圧を測ってみると・・・・
無負荷で"107V"確保できました。
機器を繋いで駆動していくと、104~105Vでの推移。かなりがっつり機材を入れても100Vを割るようなことは何とか回避できそうです。

電圧が変わったので、スタジオ機材の音も変わってしまったかも・・・近々測定してみます。

TAP.jpg

behringer x32 有ります。

発売されたばかりの、behringerX32導入。

ただいま芝浦スタジオ6Fロビーにて展示しています。

X32_1s.jpg

HAはMIDASのMicPreAmp、EFFECTORはKLARK TEKNIKと、ちょっと気になる内容のDigitalMixer。

芝浦スタジオ6Fロビーにて試聴も出来ますが、S-cubeスタッフにご相談いただければ、いろいろな試聴方法を提供いたしますよ。

InterBeeに行けなくても、芝浦スタジオで触れます。


X32_4s.jpg

羽田スタジオの2,3stで使用する音源再生用ラックが出来上がりました。

HanedaRack.jpg
MixerはYAMAHA  LS9-16、SideFillはJBL VRX  AmpはLAB GRUPPENとダンススタジオには十分すぎる機材を用意しました。


CD200i.jpg

iPodがそのままつながる、TASCAM CD200i
を用意しました。

トレイを引き出しで、Dockに差し込むだけですぐ
に認識してくれちゃいます。

これにつなげば、リモコンでiPodを操作できちゃいます。







MINISTEREO.jpg

コンピュータからの再生用に、ミニステレプラグも用意しています。

卓下のトレイを引き出せば、ノートパソコンを目の前において卓も操作できます。












Panel.jpg
メンテナンスも考慮して、リアパネルは取り外さなくても中にアクセスできるようにしました。
急な仕様変更にも素早く対応。

















機材選定、プランニング、レイアウト、ワイアリングと製作期間4ヶ月になってしまいました。
ちょっと掛かりすぎましたが、それなりの物は出来たと思います。

機材リストは、おって羽田スタジオホームページにてお知らせします。
http://haneda-st.com

スピコン・・・

| コメント(0)

ピコンにキャノンのチューブを使用して、ケーブル抜けを防ぐ処理です。

TOMOCAの浅見さんに助言いただきました。

今のところケーブル抜けは2件だけ・・・

PB260990.JPG

PB260989.JPG

PB260988.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち機材カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新製品です。

次のカテゴリは羽田です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。